23年目の新たなる挑戦

 

 

23rd anniversary event.

たくさんの笑顔と優しさに包まれた素敵な3日間でした。
ふだん、少ないスタッフで切り盛りしているので、下を向いてうさぎのグルーミングに没頭していたり、レジや接客であたふたしていたりで、週末はご来店されるお客様とご挨拶もできない時もあり、イベント開催中は、お客様にご挨拶させていただくことが出来て、改めてありがたいと感じました。

イベントが開催できたのは、ご来店くださるお客様と、協力していただいたアーティストさん、私達を支えてくれるお手伝いスタッフさんのおかげです。
何度も何度も、ありがとうを伝えたい。

23年目のスタートをしたハウスオブラビット。

新たなる計画をリニューアルオープンから考えておりました。

今現在「秩父の森からの贈り物」を提供してくださっています、秩父郡長瀞町のハーブ長瀞の黒澤さんご夫妻や、長瀞町でお手伝いしてくださっていましたご近所の方々も、お年を召され、数年前から山に入っての野草摘み、畑でのハーブや牧草の栽培、天日干し乾燥などが容易じゃなくなってきていました。

野草やハーブが牧草の次に必要なうさぎへのお食事のひとつとなっていて、このまま生産量が減ってしまっては、私達もうさぎも困ります。

この大切な仕事を鷲見の夫が引き継ぐことを前向きに検討し、今年の7月より、夫婦で長瀞町に移住する準備を始めてまいりました。
(すでに鷲見は長瀞に住民票を移しています)

ここで、しっかりとお客様にお伝えします。

「お店はやめませんよ(笑)」

ショップの営業日に変更はありません。
火・土・日の3日間(月祝も含む)は鷲見もショップにおりますので、週末にご利用いただいているお客様は、何も変わりはありません。

月・水・木・金の4日間は長瀞で農作業やパッケージ作業となります。

ショップうさぎ達のお世話や、不在中のショップの営業は店長と沙織さん。
ラビトリーのうさぎ達とヤギのほのかさんは、長瀞にお引越しです。


【ハウスオブラビット*長瀞ファーム】の誕生です。

 


いまはまだ、広い敷地にぽつんと一軒家ですが(草の生えている所全部と真ん中に見える一軒家が新居です)コツコツとハーブに囲まれたうさぎ達の永住の地を造りながら長瀞(農作業)⇄川口(グルーミング)の行ったり来たり🚗で頑張ります!

 

たまには電車で行き来するのもありかもしれない。



注意:ハウスオブラビット*長瀞ファームは、個人宅でありお店ではありませんことをご理解の程よろしくお願いいたします。



鷲見美紀

 

 

ハウスオブラビット のお客様へ

ハウスオブラビットのお客様へ…


皆様、いつもご来店ありがとうございます。


11月2日は、ハウスオブラビットが誕生して23回目のお誕生日です。

記念すべき日に、今年もイベントが開催できることとなりました。

それは、私達スタッフと共に同じ気持ちでうさぎに向き合っているお客様のおかげに過ぎません。


今だから、お話します。


2年前のリニューアルオープン。

その年の7月には、閉店することを考えていました。

日々の管理、介護のうさぎ達、お店の仕事、商品の製造…これを店長の鈴木とバイトちゃんと、繰り返し繰り返しこなしてきましたが、私達もスーパーマンじゃないから、身体も心も悲鳴をあげていました。


毎日、毎日、心が変わる。

今日はもう少し頑張ってみよう。

でも翌日になると、やっぱりきつい…

そんな、地に足が付かない状況が続きました。


「お店を閉めよう…」

…そう考えると、決まってお客様と過ごした日々がぐるぐると頭の中に浮かび、うさぎも飼い主さんも、いつのまにか私達にとって、大切な存在になっていて、会えなくなることを考えるだけで苦しくなりました。


「お店を続けたい!」

うさぎに必要ではない、メーカーがメーカーの利益だけを考えた商品やフードの取り扱いをやめ、うさぎのことを最大限に考えた商品のみの取り扱いになってから、実際、売り上げは次第に下がっていきました。

それでも、うさぎに良くないものは、取り扱いたくないという、私達のプライドだけは守り通したい。


遺棄うさぎが増え続けている中(ハウスオブラビットからお迎えされたご家族はそのような無責任な事をするわけがありません)うさぎを販売していることで、それが増え続けるのであれば、うちのお店は違うなどと掲げても、うさぎを販売して、利益を得ているお店には変わりない。

うさぎのことやうさぎとの暮らしを突き詰めて考えてきたら、うさぎを販売することができないと考えるようになりました。


「うさぎをどんどん増やして販売して、うさぎに必要ないものでも販売するのが、商売でしょ?」そう思われる方もいらっしゃいますよね。

…でも、できないんです。

うさぎの声を聞けば聞くほど、それが出来なくなって、苦悩の日々が続きました。


うさぎの為を考えて営業することが、こんなに険しいことなのだと、今も感じています。


ハウスオブラビットは、うさぎを心の底から理解しようとしているお客様に恵まれている。

これだけは、どこのお店よりも優れている自信があります。

私達の思いを理解していただけるように、伝えていきたい。

ここで閉店してしまったら、何一つ変わらない。

その思いで、お店を続ける事を決め、0からのスタートを始めました。


昨年も、今年も、イベントを続けて開催出来るのは、私達と同じ気持ちで、うさぎと向き合うお客様がいてくれるからこそです。



店長、あなたがこんな私に何も言わずにについてきてくれたからです。

それがどんなに心強かったか。


沙織さん、仕事を辞めてまで、母親のお店で働くことを選んでくれてたからです。


一番弟子のもっちー、もう営業を続けていけないかもしれない…卒業して欲しいとあなたに伝えた時、あふれる涙が止まらなかった。

独立することを、勧めた時に、突き進んでみようと決めてくれたあなたを、誇りに思います。


背中を押してくれた仲間たち、こんな商売下手な会社の為に手を差し伸べてくれた方々。


まだ、頑張れます。

うさぎ達が教えてくれたメッセージを伝えさせてください。


明日から23周年のイベントが始まります。

お客様に楽しんでいただきたくて、スタッフ一同この日の為に準備してまいりました。

是非、少しの時間でも、皆様とお話し出来たら嬉しいです。

皆様のお越しをお待ちしています。


ハウスオブラビット 鷲見美紀


本日、22周年を迎えたハウスオブラビット

 

ハウスオブラビットは本日22歳の誕生日を迎えました

 

 

 

 

昨年、リニューアル工事に伴い

1ヵ月の休業をいたしました

 

 

 

 

あれから1年

 

 

 

 

何か変わったのだろうか…

思い通りに事が運んでいるのだろうか…

 

 

 

 

考えても答えは出ません

日々、あたふたしています(笑)

 

 

 

 

いつでもあたふたしているのは

忙しいからではなく

ただ、ただ、自身の性格だったりします

 

 

 

 

明日から22周年を祝う

22th Anniversary event.

を開催いたします

 

 

 

 

 

●同時開催、素敵な作家さんによる「rabbitful tea time」

●毎年恒例になりましたカレンダーのプレゼント

●ハウスオブラビット*キャラクター「ひとやすみくん」のバックプレゼント

●WOOLY社*くじ引き

●綿菓子のおふるまい

新商品のお披露目

…などなど

 

 

 

楽しい2日間になるようスタッフ一同

心よりお待ちしています

 

 

 

代表:鷲見美紀

 

わしみみきのハッピーグルーミング

 

こんにちわ

いつもごぶさたです

 

 

 

 

ゴールデンウィークに始めた企画

「わしみみきのハッピーグルーミング」

 

 

 

 

 

本日、第2回目の募集をいたしました。

 

 

 

 

とってもとってもありがたいことに満席となりました。

(すみません…少人数制なので3日間で12名様という枠の少なさ…)

 

 

 

 

※ゴールデンウィークに開催したハッピーグルーミング

 

 

 

 

※凪くんもがんばったよ!

 

 

 

 

この企画を「やらなくちゃ!」って思ったのは

 

 

 

 

今年1月に肺炎を起こし、2週間もお休みをいただいた時に

鷲見だっていつまでも元気でいるわけじゃないんだよって感じたからです。

 

 

 

 

 

ひとりでも多くの飼い主様に

いざという時の「オンとオフ」を伝えたいと思いました。

 

 

 

 

 

健康体でいる時は保定なんかしなくたっていいんです。

元気な時はメンテナンスも私たちを頼ってくれて良いと思います。

 

 

 

 

 

「ごはん食べないでうずくまっています…

どうしたらよいのでしょうか?」

のお電話でのご相談でも

 

 

 

 

 

投薬や強制給餌、お腹のマッサージなど

どうしても電話ぐちでは伝えられないのです。

 

 

 

 

 

うっ滞は突然やってきます。

 

 

 

 

 

その日に備えて、頼れる飼い主さんを目指してほしい。

心からそう感じています。

 

 

 

 

今後も連休を利用してこちらの企画は続けていきたいと思います。

是非、ご参加くださいますよう、お願いいたします。

 

 

 

 

わしみみき

 

 

秩父の森から贈り物シリーズ「2018年度産オーツ麦1番刈り」が発売開始となりました♪

 

こんにちわ

鷲見です

 

 

 

前回のブログでお知らせいたしました

「挑戦」

…の

 

 

テスト販売が開始いたしました。

 

 

 

まだ、ごく少量の収穫ですので

店頭限定、販売個数限定とさせていただきます。

 

 

5月2日のオーツ麦

 

 

 

様子を見に行ったら、列が増えてた

 

 

 

そして…

今日…

 

 

 

 

パッケージされて店内に並びました。

 

 

 

 

すべての作業を「人の手」で仕上げています。

もちろん、農薬不使用、化学肥料不使用、天日干し乾燥の

究極の昔ながらの安心牧草です。

 

 

 

 

店頭のみの販売となります。

よろしくどうぞ。

 

 

ハーブ長瀞で新たな挑戦!

 

こんにちわ。

2月のバレンタインイベント情報から早2ヵ月…。

ブログがおろそかになっていますm(__)m

 

 

 


レンゲツツジ

 

 

 

秩父の森からの贈り物シリーズでお馴染みの

ハーブ長瀞さん。…に行ってきました。

※秩父の森からの贈り物シリーズはハーブ長瀞+ハウスオブラビットのコラボ商品です。

 

 

 

実はね、2018年からスタートする新たな挑戦があるんです。

 

 

 

それは

 

 

 

 

遠くに米粒のような黒澤さんが…

 

 

これ!

(それは、これ (笑) )

 

 

 

 

ネギじゃありませんよ、オーツヘイのヒナです。

 

 

 

 

秩父の美味しい風と空気、夏の焼き付けるような太陽の下での天日干しにこだわった燕麦牧草(オーツヘイ)作りです。

試験的にスタートいたしました。

今現在、5冂に成長しました。

 

 

 

さて、商品化できるのでしょうか…ね?

 

 

 

土の成分とか、農薬使ってないとか、種はオーガニックなの?とか…

そんな話はあったりまえなのでいちいち書きませんよ(笑)

 

 

 

美味しい牧草が出来ますように。

ショップアイドルだった「凛くん」が大好きなオーツヘイ♥

たくさんのうさぎ達に食べてもらいたいな。

「秩父の森からの贈り物*〜Chichibuオーツヘイ〜*」

は、試作品が出来ましたら、ショップでプレゼントさせていただきますので

メルマガ情報もチェックしてくださいね♪

 

 

 

 

山から採取してきたクロモジさん(見本)

 

 

 

 

2018年クロモジハーブウォーターの蒸留もお願いしてきました。

蒸留は5月頃を予定されているそうです。

ちなみに、このクロモジさんではなく、山で採取したクロモジさんです。

現在店頭で販売しているクロモジハーブウォーターは2015〜2016年に蒸留したものです。

クロモジハーブウォーターは寝かせれば寝かせるほど甘い森の香りがします。

今年蒸留したハーブウォーターは、2020年、オリンピックの年に販売開始となります。

 

 

 

羽子板の羽のようなかわいらしいクロモジの花と葉っぱ

 

 

 

 

さて、本題です。

 

 

「秩父の森からの贈り物 *〜たんぽぽ〜*

 

2018年度、たんぽぽ、収穫、乾燥が開始されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

見てください、この手作業っぽさ(笑)

収穫量も少ない、まだまだ小さいたんぽぽの葉

収穫、手洗(3回)、乾燥も、まだ黒澤さんのお庭で出来る程です(笑)

 

 

 

長瀞で、庭にたんぽぽが干してあるお宅を発見したら…

それは秩父の森シリーズでお世話になっているお宅かもしれません(笑)

今年はたんぽぽや他野草の乾燥をしてくれる方を増やしていただきました。

 

 

 

 

今回はたんぽぽ、20gを50袋程ご用意できました。

袋詰め作業は、私たちの仕事です。

 

 

 

頑張ります!←スタッフが。

ホットチョコレートのおふるまい

またまたお久しぶりのブログ更新です汗

寒い日が続いていますね雪

 

 

 

雪が降ったあの日から、店内の室温がエアコンでは賄えず、ストーブ出しました。

エアコンの設定温度27度で店内マックス15度にしかならない。

 

 

 

 

外壁の色見本のアラジンの2004製ストーブです。

昔ながらのストーブって大好き。

ストーブを使用してから店内温度が20度になりました。

 

 

寒い…寒い…寒い…

2月

 

 

ハウスオブラビットではバレンタインイベントとして今週末

「ホットチョコレートのおふるまい」

を開催いたします。

 

 

2月10日(土)〜お買い物をされた先着100名様におふるまい開始です。

翌11日(日)は*mofumofu うさぎ*さんのワークショップ&グッズ販売も開催いたします。

 

 

 

♥♥♥ ホットチョコレートのネタづくり ♥♥♥

 

 

まずは、着替え、マスク、手袋着用(笑)

閉店後のイベントルームで作業開始

 

 

 

準備したのはものすごい数の板チョコとマシュマロ、木のスプーン

 

 

 

 

チョコを湯煎でゆっくりと溶かします。(作り手は店長)

 

 

 

 

いい感じに溶けたチョコを滅菌済みの製氷機に流し込みます。

この時点でつまみ食いしたい衝動に駆られる。

 

 

 

 

 

 

鷲見の仕事はトッピング

流し込んだチョコに木のスプーンを差し込み

マシュマロをのせます。

 

 

 

 

 

 

ジャ〜ン!

100個分のホットチョコレートのネタの仕込みが完成。

 

 

 

では、ラップをかけて、この寒いお部屋で一晩寝ていてもらいましょ

 

↓

↓

↓

 

 

 

 

そして翌日の夕方製氷機からパキパキッと外して

1個づつ袋で保存。

 

 

 

(…ここからは画像なし妄想)

 

 

 

耐熱カップに上記を入れホットミルクを注いでスプーンでクルクルかき混ぜます。

美味しいホットチョコレートので・き・あ・が・り♪

 

 

 

寒いけど、お店に来てもらいたい一心(笑)で、店長とふたりニヤニヤしながら作りました。

今週末(連休)は是非ご来店お待ちしていま〜す♥

 

2017年、今年もいっぱいありがとう。

いつもお世話になっています。

 

 

 

2017年最後のブログです。

と言っても、更新あまりしていませんが…(;´・ω・)

 

 

 

 

今年は皆様にとってどんな年だったでしょうか?

 

 

 

 

「楽しい1年」

「苦難の1年」

「慌ただしい1年」

「幸せな1年」

 

 

 

…人それぞれ、思うところのある1年。

 

 

 

 

ハウスオブラビットは?といえば…

 

 

 

 

上記のすべてが当てはまる1年でした。

 

 

 

 

考えて、考えて、考えて、考えて…

繰り返し考えて…

 

 

 

 

出した答えが、「今」です。

考えて、考えて、考えて、考えて…

繰り返し考えたから、今がある。

 

 

 

 

そして、考えるシーンでは必ず「人」が手を差し伸べてくれました。

押されたのではありません。

倒れそうになる心をサッと支えてくれるだけ。

それが、どんなに大切なことであったか。

つくづく、「ありがたい」と思えた1年でした。

 

 

 

 

仕事を与えてくれてありがとう。

今年はこの言葉以外にありません。

 

 

 

 

ハウスオブラビットを応援してくださる皆様へ

「本当にありがとう」

 

 

 

 

突然のリニューアル宣言にも関わらず

オープンまで待っていてくれたお客様がたくさんいてくれたことに

「ありがとう」

無事リニューアルすることが出来ました。

 

 

 

 

今まで以上に安らげるショップとして

来年からもお客様のお越しをお待ちしています。

 

 

 

 

と、いうことで…

 

 

 

 

 

 

 

2018年1月2日の初売りにて

福袋を80個ご用意しました。

ノベルティーのプレゼントもございます。

 

 

 

そして明日はお汁粉仕込みます。

 

 

 

≫詳細はこちらから

 

 

 

年明けに、皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

いつもありがとう!

来年もハウスオブラビットを

よろしくどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

イベント&ウェイティングルームのお話し。

 

こんにちわ。

今日は、お昼から雨降りで肌寒い日。

 

 

 

リノベーションされた「イベント&ウェイティングルーム」

今日は、このお部屋のご使用方法(笑)をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

店内入り口の左側に小さなドアがあります。

こちらからも出入りすることが可能です。

 

 

 

 

 

店内からですと、こちらのドアからお入りいただけます。

 

 

 

 

 

 

こちらのお部屋は

イベントの開催時は素敵なアーティストさんや

獣医さん、ハーバリストさん、カメラマンさん等が来られ

楽しい時間を過ごしていただけます。

 

 

イベントが開催されない平日や週末は

グルーミングに来られたお客様の待合室やお客様同士の交流の場としてお使いいただけます。

 

 

 

イスやテーブルをご用意しておりますのでゆっくりとお過ごしください。

 

 

 

 

 

ちなみに、お部屋は、田舎の診療所をイメージして作りました。

床はアンティークな足場板、照明は裸電球、ドアの色は古めかしいグレー系のグリーンを使用しています。

室内の家具や装飾は、鷲見の家からも提供しました(笑)

まだまだ持ってくる予定(笑)

 

 

 

先日、チョークアートのさいとうさとこ先生が素敵な作品を飾ってくれました。

ご来店の際は是非、こちらの作品も見学してください。

ちなみに、ワークショップ(チョークアートや羊毛フェルト等)時も見学可能です。

 

 

 

来週末(11月26日)は、おくだひろこ先生のアニマルボディートークが開催されます。

こちらに関しましては、ベットを用いてのセッションがありますのでドアを閉めさせていただきますことを

ご理解お願いいたします。

 

店舗リニューアル工事終了。

 

 

ごぶさたしています

ハウスオブラビットの鷲見です。

 

 

 

まずは、リニューアルオープン目前、10月31日の店内です。

…何から手を付けて良いのやら、現実逃避したくなりました。

 

 

 

 

そして…

 

 

 

 

 

リニューアルオープン前日の夜

なんとか形になりました。

 

 

 

 

うさぎ達も2Fから1Fに戻り…

翌日のオープンを待っていましたよ。

 

 

 

 

 

 

今回のリニューアル工事で一番変わったのはこの部屋じゃないでしょうか。

倉庫兼、イベントルーム兼、通販作業部屋兼、バックヤードが

私のお気に入りのシャビ―なイベント&ウェイティングルームに変わりました。

 

 

 

 

 

会議用テーブルにさよならをして

旦那作のマルチテーブルに変更

 

 

 

 

 

 

中央のテーブルはシャビ―な質感がお気に入りの

オーダーメイド。

このテーブルで、グルーミングの待ち時間を過ごしていただいたり

うさぎ飼い主様同志の情報交換の場であったり

楽しいイベントの開催であったり…

 

 

「ハウスオブラビットで過ごす時間」を大切にされたいお客様に使っていただきたい空間です。

先日、イベントが終了したばかりで、室内はガランとしていますが

いつの間にやらHORらしい空間になるはず。

 

 

 

 

 

鷲見のこだわりのカラーがアクセントになっています。

「なんだか落ち着く…」

そんなタイムスリップしたような空間です。

 

 

 

 

 

お店の入り口の左脇、カランコロンと鳴るドア設置しました。

ここからもお入りいただけます。

 

 

 

 

リニューアルオープンへのお祝いのお花たちがお客様をお出迎えしていました。

お花を贈ってくれたたくさんの方へ…感謝です。

 

 

 

 

 

お店の入り口も変わりました。

デッキガーデンだった部分が、お部屋になっています。

 

 

 

 

 

ショップ入り口には牧草が山積みでしたが

店内にレイアウトしています。

 

 

 

 

 

 

入り口もすっきり。

シーサーたちがお出迎え。

 

 

 

伝えたいことがありすぎて

まとまりませんので、今日はここまで。